一般社団法人 日本ライフタイムスポーツ協会 ジョギングインストラクター資格認定講座

講座内容

ジョギング・ランニングを始めるきっかけは、ダイエットや年代の節目などによるところが多く、それ以前の運動のブランクは還暦人を例に取ると40年以上も空いていることになります。基礎体力はもちろん、柔軟性の欠如がまず想定できます。

したがって、まずは健康運動として、そして習い事として受講者が安心して学ぶことが出来る知識、技術の習得、学びの中からそれぞれの目標や取り組みに向けて楽しく導いてあげる指導が基本になります。

競技的指導では重要視されない「健康運動」としての生涯スポーツ指導者でもあります。

対象者(受講者)に対してセルフ(自己で身に付け実践可能なもの)で実施できる事を指導の目的とすることはもちろん、セミナーや集団指導におけるコーチング、スクール運営についてのノウハウも学ぶことが出来るのが本講座の特徴です。

2級 ジョギングの初歩であるウォーキング、走るための基本の姿勢作りやカラダ作り、ストレッチ法を学び、指導する力を身につけます。様々な実技ドリルを中心に、実践で指導できるメソッドを理論と実技で確実にマスター。自らも実践し無理なく安全にスクール等での指導が出来るまでが目標となります。(2級はベーシックとアドバンスがあります)
1級 2級の指導スキルに加え、走りのメカニズムと理論、障害に対するケア法などをより深く学ぶとともに、スポーツとしてのトレーニング方を習得し指導プログラムの作成、様々な方へアドバイスする「伝える」力を身につけます。対象がステップアップできるよう個々の目標設定から、より専門的なジョギング、ランニングの指導、スポーツ参加及び健康サポートが出来るスペシャリストを目指します。
マスター マスターインストラクターは、ジョギングインストラクターの講師として講座を普及する使命を担います。
本事業のミッション、対象者の把握、理解をより深めて頂き、講座の講師活動、指導者への啓蒙活動ができることを目指します。